~Nouveau Monde~ HEC Paris 留学記
世界はヨーロッパへ!フランスでMBAを志すトランタンのブログ。
カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Chen

Author:Chen
米系IT企業で7年間勤務後、はて?と立ち止まる。
2007年9月、新しいドアを開くためフランスに旅立ちます。目指すは、名門HECでのMBA取得。
目標:勝ち猫になります!!!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

お買い物

父の日・ギフト・花束・母の日

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chinese Week
Latin week、Indian week、African week、と立て続けにあったcultural eventの最後のイベント、Chinese weekが終わった。正直、何で今やるの~??と疑問の声があちこちで上がっていた。そう。今週から期末試験週間に突入しているのだ。試験の第一弾、Human Resource Managementを皮切りに、3週間に分けて試験が続く。試験を目前に控え、授業も終わりに近づき最後のアサイメントに皆追われている。メチャクチャ忙しいんだよ~。。。

何で今か、と言うと、もともとは彼らは旧正月に計画したかったのが、プランがまとまらず、色々やっているうちに他のCultural eventにスケジュールを取られてしまって、今になってしまった、ということらしい。でも、プランニングが遅れたことについて彼らを余り責めるわけにはいかない。裏話を聞くと、色々大変だったらしいので。。。一言でChinese week、中華文化のイベント、とは言っても、企画グループは中国人(香港含む)、台湾人、シンガポール人から成り立っている。最初は、China weekと名前をつけようとした中国人に、台湾人、シンガポール人が猛反発したり。。。グループの中にはmandarinを話せない人もいるし、一つにまとめるのは大変だ。大げさに言うと、昔サッカーワールドカップで韓国と日本が合同イベントを企画したようなものかもしれない。

それでも、イベントが始まってみると、色々アイデアを練った面白い企画も多く、以外に参加率は高い。Dumpling workshopでは皮から作る手作り餃子の作り方を教えてくれて、その場で水餃子にして夕飯にできる、ということでかなり盛況。le restaurant (学食)の夕飯に食べ飽きてる中、これはうまい!

企業講演も、中国展開を積極的に進めているフランスのEADS社(Airbusの親会社)と、フランスでの展開を進めている中国のTelecom企業、HUAWEI社と、対照的な企業を招待して行われ、心配された割には参加率も高かった。

最終日のパーティーも、プロのダンサーを呼んできたり、中華系以外のクラスメイトによる寸劇など、色々アイデアを凝らしていた。我々も忙しいけど、計画&実行するほうは相当大変だったに違いない。。。

彼らの準備の進め方やイベント当日の動きを見ていてちょっと思ったのが、台湾人ってすごい、ということ。話を聞くと、China week企画グループは途中で、個性の強い中国人同士、また違う国籍同士で意見が合わず、半ば内紛(?)状態になったりもしていた模様。シンガポール人は途中で脱退してしまう中、最終的に台湾人は一歩退いてグループに協力する形をとり、表の企画などは中国人に任せ、当日の裏方など黙々と引き受けていたようだった。やっぱり国柄なんだろうか。「私が私が!」という中国人に対して、敢えて彼らと喧嘩してまでこの忙しい時期に企画などやらなくても良い、という賢い考え方と、でも協力するところはちゃんとする、という、ポジショニングのとり方がうまいな~、と一人感心していた。

仲の良い台湾人のYC、出会って間もない頃、台湾の大使館はないんだよ、と教えてくれた。指摘されて初めてそのリアリティに気がつく。国として正式に認められていない台湾。微妙なポジショニングをうまくバランスをとりながら国際社会で生きている。でも、台湾人は皆前向きでとても明るい。何とかなるから、という楽観主義は、この微妙なポジションを生き抜く知恵なのかも、という気もする。

ともかく、色々あったらしいChinese weekが最後にはうまくまとまって、皆が楽しくおいしく中華文化を楽しめたのは本当に良かった。これでイベントは一段落。さ、期末に向けて頑張らなくちゃ~!

スポンサーサイト
Domino's Pizza
Core2で最も面白い授業の一つ、Strategic Managementのクラスでは、ケースを元に企業のストラテジーを分析していく。嬉しいおまけは、ほぼ週一のペースで教授がケースで取り上げた企業をキャンパスに招いてくれる"Strategic Management Conference"がついていることだ。

今週は、ドミノピザ・フランスのCEOを招いてのコンファレンス。ドミノピザはご存知アメリカの企業だが、今回学んだケースはドミノのInternational Expansion StrategiesについてHEC独自に書かれたもの。90年代にドミノのフレンチ・マーケット展開で活躍したHECMBAの卒業生の存在がきっかけとなっているらしい。

授業で学んだばかりの内容について、実際に戦略を作る立場の人から話を聞けるというのは、教室で学んだことが実際どう生かされているか確認できる絶好の機会だ。ドミノは海外展開において、いかに早く少ない労力でマーケットに浸透できるか、を主眼においている。そのための戦略がフランチャイズによる展開だ。フランチャイズによって、各マーケットごとに独自にローカライズされた戦略を迅速に展開していく。そして、店舗をどんどん展開することで規模の経済を作り出す。

今回来てくれたCEOはもともとはオーストラリアでドミノのフランチャイズ展開を仕切っていた人。べたべたのオーストラリア訛りがきつい・・・。しかし、とても明るくてエネルギーに溢れた40代くらいの人。ドミノに入る前はなんとオーストラリアでローカルブランドのピザ屋さんを100店舗近くチェーン展開していたアントレプレナーだったが、株式交換によりドミノの傘下に入り、今ではドミノのマネジメントとしてその海外展開をリードしている。

フレンチ・マーケットでの展開について一通りのプレゼンを聞いた後は、Q&A。どんな質問にもちゃんとユーモアを交えて回答してくれるのが嬉しい。Chenの質問「フレンチ・マーケットのマネジメントにおいてCEOがチャレンジだと感じていることは何ですか?」については、一瞬顔がとても真剣になって、「言葉と文化だ」と答えてくれた。ピザ・ビジネスについては誰よりももちろん良く分かっているはずだけれども、まだフランス語は殆どできないそう。フードビジネスというローカライゼーションとスピードが必須のビジネスにおいて、全てを通訳を通さなければならないこと、フランス人の考え方の違いなど、もどかしく感じることも多いようだ。

CEOを見ていて改めて思ったのが、アントレの気質がある人って話が面白いなーということ。話し方にパワーがあるし、ユーモアも豊富でクリエイティブだ。例え組織に属していても、それに縛られずに自分のやりたいことをやっている、という自信と感覚が伝わってくる。何週間か前にコカコーラの戦略本部の人が来た時は画一的なことしか話してもらえず、ちょっとがっかりしたことを思い出してそんな風に思った。

最後に、「本当は皆にピザを持ってきてあげたかったんだけど、今晩はサッカーEngland v.s. France戦でフランス中のピザ屋が忙しいんだ。ドミノのバイクも出払ってしまっていてね。」 とのリップサービスも。HECの近くには残念ながらドミノはないが、この夜は皆がピザを食べたくなってしまったのは間違いない。。。
Printemps
春が来た。ここ数週間、安定しない天気が続いていて、昨日もすごい風雨や雹が降ったり、寒くて気分も滅入りがちだったが、今日はすがすがしく晴れて、ようやく「春がやってきた」という感じがする。気がつくとキャンパスにもあちこち桜が咲いている。気温はまだ寒く、日本だったら咲かないのでは、と思うがこちらの桜は寒くても今が満開。

奇しくも今週末は、Pâques(復活祭)、英語で言うとイースター・ホリデイだ。復活祭は「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるそうで、そういえば一昨日は見事な満月だった。お店にはウサギや卵の形をしたチョコレートが一杯売られている。学校も土日月と3連休で、旅行に出ているクラスメイトも若干いるものの、アサイメントと期末試験を近くに控えて、多くはキャンパスにいるようだ。

コアの2期目は4月18日まで。その後は、Personalized phaseに入る。人によっては個人プロジェクトとしてキャンパスを離れてインターンシップをしたり、夏以降、Exchangeとして他大学で授業をとる人もいたりで、その準備に追われていたり、それぞれの専門科目を具体的に決めたり、今後は皆それぞれ別のスケジュールで動き始める。そろそろ、寮を離れてパリで暮らすことを考え始めるクラスメイトも増えてきた。

春の訪れとともに、皆それぞれ動き出し始めたようだ。

sakura1
MBAビルを背景に咲く桜

sakura2
キャンパスの桜は3メートルほどでそれほど大きくない。満開でも花見にはちょっと物足りないかも。
Indian week
今月はCultural eventが目白押しだ。3月10日から始まったIndian weekに続いて、African week, そしてChinese weekが待ち構えている。

まずはIndian week。HECMBAの最大派閥,、インド人によるイベント。もともと学生生活の中でインド人との接点が多い中で、このイベントはいわば、これまで経験したインド人カルチャーのおさらい、といったところか。

Japan weekと構成は似ていて、映画と企業講演、そしてパーティーという感じ。ちょっと違うのは、インドから仕入れてきた色んな小物を売るバザーをやっていたこと。何しろ、物価が10倍以上違うというから、ネックレスなどを10ユーロくらいで売っていたけれども、結構儲かっていたのでは??さすが。

企業講演は、フランスをベースにした世界最大の原子力産業複合企業AREVAのCFOによるスピーチ。フランス語訛りの英語を話すインド人。2030年までに、インドはアメリカと同じ量の電力を消費する(!)との見込みだそうで、当然、インドでのビジネスがメチャクチャ伸びているらしい。それだけの消費が予想されている事実と、それらを賄うのには当然原子力がオプションであるということと、そもそも原子力のカスがどこに運ばれるんだろう、環境問題は。。。などなど考えると、ちょっとそら恐ろしい。。。

また、彼はインドの経済を語るのに必ず中国を引き合いにしていたが、「インドが上」という意識がとても強かったのが印象的だった。理由は、①教育に力を入れている②英語が喋れる③数学が得意、だから。う~ん。この3点については、中国だけでなく、実は日本もインドに負けてるのではないだろうか?

しかし、とにかくインド人達が勢いづいていることは間違いない。HECの学生の傾向でもあるのだが、やはり皆とても優秀だしよく喋る。アカウンティングなどの授業中に先生が「これ誰か計算して」というと真っ先に答えるのはいつもインド人。それも計算機なしで2桁の掛け算とかやってる。(時々間違えてるけど・・・)。一方で、調子付いている人にありがちなことだけれど、周りのことを見ていない人も多い。自分の予定ばかり優先してグループワークを平気ですっぽかしたりする人も、インド人に多い。頭が良いから色々アイデアや批判は口にするのだけれど、実際に自分で手足を動かして形にするのは人任せ、という人も多い。

そんな事情がよく現れているのでは、と内心思ったのが、彼らが上演した映画、Rang De Basantiだ。ストーリーは、経済的に裕福なエリート大学生達が、昔の独立運動のリーダー達のように歴史に残るような人物に憧れるものの、実際には何をしたら良いのか分からず、漠然としたフラストレーションを社会に対してぶつけていく、という内容。外国から映画作りの為にやってきたイギリス人女性のアイデアがきっかけとなって、だんだんと過激な思想に走って最後はテロリストのように周りも傷つけながら自滅していくという、インド映画と言えば皆が歌って踊るラブコメ映画を想像していたChenには、正直とてもショッキングな映画だった。もちろん、オーバーに描いている部分もあるのだろうけど、今のインドの本質を突いているのでは、と思った次第。

そして最終日はパーティー。皆にカレーやサモサが振舞われ、そして一番の出し物はお決まりのファッションショー。クラスメイトの何人かがモデルに選ばれ、サリーを着せてもらって舞台を歩く。Chenもモデルに選ばれて、人生で初のサリー体験となった。

しかしサリーってすごい。なにがすごいかって、あれ、6メートルもあるただの長~い一枚の四角い布なのだ。それを丁寧に幾重にも襞を作りながら体に巻きつけていく。サリーの下には、薄く長いペチコートみたいのと上半身にはピッタリした袖なし又は半そでの丈の短いビスチェのようなものを着る。基本はきつく腰で留めたペチコートにサリーを挟み込みながら体に巻いていく。体に一周したら残りの布を肩でピンで留めて前身ごろを作る。出身地や目的によって幾通りものアレンジの仕方があって、人によってはお腹や肩を堂々と見せたり、隠したり。モデルになったクラスメイトたちも皆違うスタイルで着付けをしてもらっていた。一枚の布でこんなに変わるものかと、皆相当興奮気味だった。

Chenのドレスは、ピンク地に金の刺繍が沢山入っているとても薄くて軽い美しい布地のサリー。クラスメイトのNishaのパーティードレスで結婚式並みの大事なパーティーで着る衣装らしい。皆にすごく綺麗だった!と褒められてChenが相当良い気分だったのは間違いない。しかし、秘密をばらすと(!)下に着るビスチェ、オーダーメイドでその人のサイズピッタリに作るらしく、骨格の太いChenには細っこいNishaのサイズが合わず、苦しかったのなんのって。。。サリーで隠れていたから良かったけど、実はボタンがちゃんと締まっていませんでした(笑)。

サリーの着付けを見ていて、インド人ってとってもクリエイティブでお洒落なんだな~と初めて思った。正直、普段キャンパスにいるインド人は全然イケてない。寒さに慣れていないせいか、コートと帽子などの小物類がいつもちぐはぐ。それにいつも金のでっかい指輪をしていたりして、何となくユーモラスな感じが否めなかったのが、サリーを着ると本当に変わる。浅黒い肌に、華やかな色の、襞を一杯作ったサリーをゆったりと着て、首や腕など露出している部分にありったけの金のアクセサリーを付ける。額にはもちろん赤いビンディ、鼻にも金色のシールを貼ると、本当にゴージャスだ。でっかい指輪も見事に映える。この衣装の前にはどんな高級ブランドの洋服も適わない気がする。それくらい、圧倒的な存在感を生み出している。

伝統って、すごいな、と思った。そして、伝統はその文化に育った人を一番美しく見せるのではないかとも思った。その人の持っている個性が伝統というストーリーとつながってピーンと引き出されている気がした。

インドってすごい。


n903285219_2500227_3102.jpg
民族衣装を着たクラスメイト達全員集合。

n903285219_2500217_9368.jpg
カナダ人&ドイツ人ペア。ゴールドがテーマ。

indian week2
中国人&アメリカ人ペア。白がテーマ。 

indian week blog
ウクライナ人&日本人(Chen)ペア。ピンクがテーマ。
Slow life
Break中、日本から遥々パリまで両親が遊びに来ていた。折角なので、Chenも一緒にパリのエッフェル塔近くのアパートメントホテルに滞在し、久々のパリ・ライフ(というか観光)を満喫。

やっぱり、パリは見所満載。もっと色々見せてあげたかったけれど、4日間の滞在ではちょっと短すぎて観光名所を廻るくらいが精一杯だった。かなり気に入ったようで、また年末に来たいらしい。残りは、そのときにまた・・・^^;。

彼らが帰った後、賑やかなパリからJouy en Josasに戻った。ちょっとホッとするも、やっぱりここは田舎だ。

Jouy en Josasでは時がとてもゆっくりと流れる。小さな古ぼけた教会を囲む小さな可愛らしい田舎町。毛むくじゃらの犬を連れた老人が、ゆっくりゆっくり散歩している。窓口が2つしかない町の銀行に行けば、お年寄りの行列でなかなか窓口が空かず、延々と待たされる。郵便局にいたっては、正午から午後2時まで昼休みで鍵がかかってしまう。

パリから戻ってくると、ここではまるで時が止まってしまったかのように感じる。

そして、今日は電車が止まってしまった。。。

お~い・・・!

Jouyを挟んで、パリ行きの電車に接続するMassy Palaiseau駅からVersailles Chantiers駅の区間が工事中とか。それも、朝9:30から夕方4:30まで10日間、真昼間に電車が止まる。日本では電車とか道路の工事と言えば、夜中行われるのが常識だったが。。。さすがフランス、さすがJouy......

中間試験終了、そしてWinter Break
Core2が始まったと思いきや、既にもう中間試験。今回は限られた科目のみで、他はFinal一発勝負。今回の試験科目はCorporate Finance, Management Accounting, Business Economicsの3科目。正確に言うとManagement Accountingはこの2ヶ月の授業で終了~、ということで期末試験だった。既にFinancial AccountingやCost Conceptなどで基本は押さえているものの、それでも「早!」という感覚は否めない。これで終わっちゃって良いのだろうか。。。あとは後半のManagement ControlでBudget controlなどをカバーするらしいのだが。

今回、試験の準備で戦々恐々としていたのがBusiness Economicsだった。授業はCore2の中では一番位に質の高い授業だが、途中から微分を使ったモデリングをガンガン使い始めてMathの苦手なChenには相当ハードルの高い授業だった。しかし蓋を開けてみると問題は意外にも過去問に沿ったとってもシンプルな内容。教授の「中間試験は自分のレベルを理解するため」という姿勢が伝わってくる。とりあえず何とかなった。。。ただ、期末はそうも言っていられない。気を引き締めねば。

しかし、相変わらず本当にスケジュールがタイトだ。いつも思うのだが、授業と授業の間隔がとても短くしかも並行して違う科目を複数勉強するため、復習にじっくり時間を使うことがなかなか叶わない。もちろんその合間にはプレゼンやアサイメントもこなさねばならないし。16ヶ月で終わらせなければならないから当然だけれど、もうちょっと時間の余裕があったらな、と正直思うところだ。

バタバタと短い期間に中間試験とアサイメントとプレゼンをこなしているうちに、自分の誕生日をすっかり忘れてしまっていた。Economicsの試験の朝、会場で会う人会う人に"Happy Birthday!"と言われ、そうだった!と思い出す始末。忙しい時期なのに食事に誘ってくれたり、プレゼントをもらったり、皆の気持ちに感謝感激。。。ありがとう。良い一年にできるように頑張ります!

兎にも角にも、バタバタと中間試験を終え、"Winter break"という名の1週間のお休みに突入。もう、気が付けば寒さも和らぎ、ちらほら花も咲き始め、WinterというよりSpring breakというほうが正しい気もするけど。とりあえず、ちょっとホッと一息つけます。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。